著名人・一般人

【ヨシダナギ】結婚しているはウソ!旦那も彼氏もいない理由がすごい

ヨシダナギ写真家

人気の衰えない美人女性写真家のヨシダナギさん。

ネット上では結婚したとか旦那や彼氏がいると噂されますが、実際のところは2019年現在では結婚暦も旦那も現在交際している彼氏もいません。

ヨシダナギさんの旦那も彼氏もいない理由に迫ります。

ヨシダナギの経歴プロフ

ヨシダナギさんのことを知らない方のために簡単にプロフィールを紹介します。

写真家ヨシダナギ

プロフィール

名前:ヨシダナギ

本名:吉田渚?(よしだ なぎさ)

生年月日:1986年7月6日

年齢:33歳(2019年現在)

出身地:東京都江戸川区

身長:165cm

体重:不明

職業:フォログラファー(使用カメラニコンD810)

幼い頃のヨシダナギさんは「人生ゲーム」をひとりで何十回もやるくらいの根暗な性格だったそうで、それが原因なのか、小学4年生(10)の時に千葉県に引越しを境に陰湿ないじめにあうようになります。

中学生になってもいじめはなくならず、中学2年生から不登校になりそのまま卒業もせず高校にも入学しなかったため、学歴は中学卒。そんなとき、両親が離婚し父親に引き取られます。

写真家ヨシダナギ

家に引きこもって、パソコンで掲示板に書き込みをしたりしているうちに出版社の人物と知り合ったことがきっかけで、HPを作ってもらい、そこでプロフィール画像をアップしたことが話題を呼び、芸能界にスカウトされグラビアアイドルをするようになるが自分には向いていないとすぐに引退しました。

紆余曲折あり、20歳頃までに自傷行為や自殺未遂も経験したが、21歳で父親から離れ一人暮らしを始めたことがきっかけで徐々に根暗な性格から徐々に前向きな性格にかわりはじめたそうです。

グラビアアイドル時代に貯めたお金でまずはじめに東南アジアの国々を廻り始めるが、それほど驚きもなかったため、23歳の時アフリカ大陸(まずエジプトやエチオピア)に渡ります。

写真家ヨシダナギ作品

そこでアフリカに魅せられ、現地の少数民族の大胆でかっこいい民族衣装を写真に取りつつ、何気なくブログに写真をアップしたことが写真家になるきっかけとなります。

実はヨシダナギさん、カメラも写真もそんなに好きじゃないんだとか。。(汗

ヨシダナギの写真は白飛びしていたり、画質が粗かったり、なかにはピントが合っていないものすらあるが、実は彼女は、写真の勉強をしていない。学校に通っていないというレベルではなく、独学すらほとんどしていない。

なぜなら「写真は好きではないし、カメラに興味もない」からだと言い切る。アフリカ人の格好良さを伝える手段として選んだのが、たまたま写真だった。それがネットで話題になり、テレビに取り上げられ、気づけば「フォトグラファー」という肩書きをもらっていた。

引用:https://www.newsweekjapan.jp/nippon/

そんなヨシダナギさん、ネットやテレビで話題になり、現在はフォログラファーとして大活躍しているのですがご本人はいたって「自然体」なところがなんだか素敵ですね。

View this post on Instagram

【 CREATOR AWARDS 2017 】 * Nagi Yoshida has been chosen as one of the "10 most outstanding creators of the year"! * 先日、雑誌Penさんの『今年最も輝いたクリエイター10組』に選んでいただき、表彰式に参加させていただきました。 * このような賞を頂けたのは、全て私の作品作りに協力してくれたアフリカやアマゾンの少数民族のモデルさん、私の活動を支えてくれたスタッフの方々こお陰だと思っております。私の作品は彼らの協力無しでは全くカタチにならないので、改めて皆さんにお礼を申し上げたいと思います。 * 私はフォトグラファーという肩書きにはこだわっておらず、寧ろ、重たいカメラなんていつでも捨ててもいいなーと思っていたのですが、このような賞を頂いてしまったので、もうちょっと頑張らなきゃダメだなぁとも思いました。 * ということで、ゆるりと頑張っていきたいと思いますので今後ともどうぞヨシダナギをよろしくお願い致します。 * #pencreatorawards #pen #nagiyoshida #nagi #森永邦彦 #岩崎貴宏 #ヨシダナギ #最果タヒ #suchmos #村松亮太郎 #原野守弘 #長谷井宏紀 #土屋太鳳 #高橋一生 #photographer #japanese #kimono #africanbeauty #beautifulpeople #jotarosaito #blackfashion #africaamazing #queen #クリエイターアワード #カメラ重たい #軽いカメラないかな #上手く簡単に撮れるカメラほしい

A post shared by nagi yoshida / ヨシダナギ (@nagiyoshida) on

そんな「自然体」なありのままの姿がヨシダナギさんの魅力であり、人気の秘訣なのかもしれませんね。

2012年(25歳頃)には少数民族の方々と同じような格好で写真撮影を行うことを始めており、2015年にはそのユニークな活動がバラエティ番組『クレイジージャーニー』で特集され一躍有名な時の人となりました。

写真家ヨシダナギ

ヨシダナギが結婚しているはウソ?!

写真家ヨシダナギ作品

ネット上では、「ヨシダナギさんは結婚した」かのような書き込みが多く見受けられますが、実際には公に結婚や熱愛の報道は一度もされていませんので、過去や現在に結婚している相手がいるといった情報は、少なくとも2019年10月現在では「ウソ」ということになります。

写真家ヨシダナギ作品

ただ、これまでにプロポーズはされたことがあるようで、3度目のアフリカ渡航で訪れたカメルーンの山岳地帯に暮らすコマ族を撮影した際に、村長からプロポーズされたそうです。笑

コマ族の女性は上半身は裸で下半身は葉っぱで隠しているのですが、現地の女性たちと同じ格好になった時に女性たちは歌い出し、歓喜の舞でヨシダナギさんを歓迎したんだとか。

そのヨシダナギさんの潔さと行動力が気に入られ、

わしの5番目の妻として迎えたい

とプロポーズされたんだとか。って五人目かいっ!

と突っ込みたくなるところですが・・、それほど魅力的だったんでしょうね。ww

ちなみにヨシダナギさん、この時は

来世でお願いします。

とナイスな返しでプロポーズをお断りしたそうです。笑

ヨシダナギの旦那も彼氏もいない理由

写真家ヨシダナギ

これだけ美人で魅力的なヨシダナギさん現在は33歳ですがなぜ結婚相手(旦那)や彼氏がいないのでしょうか。

熱しやすく冷めやすい性格

実は、ヨシダナギさんは自身の性格について「非常に熱しやすく冷めやすい性格」と言っています。

なので、昔から恋愛にしても趣味にしても一度興味を持ったモノ全てに対して全力でぶつかっては短期間で攻略しようと試みる傾向があるそうです。

ヨシダナギ写真家

そして全力でぶつかって攻略できたら、それで満足すると同時に一瞬にして飽きてしまうんだそう。(汗

恋愛も趣味も、一過性のブームはあっても、定着するものはあまり存在しないんだとか・・。

ヨシダナギ

そんなヨシダナギさんがアフリカをずっと好きでいられる理由として、物理的に遠く、経済的にも縁遠くならざるを得ない「ハードル」があるからこそ適度な距離感を保つことができているので、ずっと撮影を継続できているんだとか。

よく母親が「恋愛も適度な距離感が必要よ」と言っていたが、まさしく、何事にも適度な距離感が必要なのだ(その適度な距離感を保つということは、私にとって非常に難しいことでもあるのだが……)。

引用:ヨシダナギコラムhttps://treasurenews.jp/より抜粋

こういったことが結婚や恋愛の噂を聞かないことの理由なのかもしれませんね。

男性への要望

以前インタビューで、ヨシダナギさんが旦那や彼氏から『「ナギ」のことが心配だからアフリカにはこれから一人で行かないでくれ』と言われたら、どうしますか?

という質問に対してヨシダナギさんはこのように答えていました。

  • アフリカへ行き出す前から知り合っているならまだしも、アフリカに行くことを知っている上で交際をしているなら、「じゃ、なんでそんな女と付き合ったんだ?!」喧嘩になるのでそういった人とは交際しない。
  • 迷惑や心配をかけるのは、もう親だけで充分
  • お付き合いするなら「必ず生きて帰ってこい!もし、万が一、お前が現地で死ぬようなことがあったら骨だけは拾いに行ってやる」と、寛大な気持ちで送り出してくれる方を希望

・・・。なるほど。なかなかはっきりとした考えを持っているんですね!

ヨシダナギ写真家作品

確かに普通の職業をされている方なら、ヨシダナギさんのようなタイプはめちゃくちゃモテると思うのですが、こうした特殊なお仕事をされていてしかもものすごい冒険心のある「強い」女性であれば、そんじょそこらの一般男性であれば恋愛対象として見るのは難しいのかもしれませんね。

ヨシダナギの理想のタイプが凄い

とっても美人で引く手数多のヨシダナギさんですが、実は理想とする好みの男性タイプもぶっ飛んでいるんですよね。

理想の男性タイプ① 蝶野正洋

蝶野正洋画像

ヨシダナギさんが公表しているタイプの男性はなんと元プロレスラーの蝶野正洋さんだそうです。

強うそうなマッチョ系の男性が好きなようで、蝶野正洋のような年上でしかもいかつい感じの男性が好みなようですね。

理想の男性タイプ② フリーザ(笑)

ドラゴンボール|フリーザ

漫画のドラゴンボールに登場する最強の敵キャラクター「フリーザ」も好きなタイプなんだとか。

なんでやねん!と突っ込みたくなりますが、フリーザといえば敵キャラの中でも「最強」と唄われる存在ですから、やはりヨシダナギさんかなり「強面&実際に強い」たくましい男性が好きなんですね。

ヨシダナギ作品

でもフリーザって見た目がもはや人間レベル超えてるし、話し方はオネエみたいだしいろいろ意味不明な点が多いですが、強いて理由をあげるとするなら、ヨシダナギさんが好きなアフリカの少数民族のように「色使い」がカラフルでおしゃれ!といったところなのでしょうね。ww

もしこれが本当であれば、ヨシダナギさんの職業柄とこの好みの男性タイプが相まってそりゃ結婚や恋愛が遠のく?のは当然のような気もします。

ヨシダナギは一生独身なのか

写真家ヨシダナギ

もちろん、そんなことはないでしょう。ヨシダナギさんに魅力を感じている男性も非常に多いでしょうし、蝶野正洋さんのようないかついタイプの男性がいないわけではありません。

確かにフリーザのような男性はいないとは思いますが、鮮やかな色使いが好きなセンスの良い男性もいるでしょうし、ヨシダナギさんのライフスタイルに理解を示してくれる男性はきっとどこかにはいると思います。

ヨシダナギ写真家

ヨシダナギさん自身も今は33歳ですから、結婚適齢期ではありますし、海外でのいろんなバリエーション豊かな世界の核家族を観察する中で、独自の「結婚観」を持っていると思いますので、そうした考えとタイミングと出会いがマッチすればその時は素敵な男性と結婚する可能性も十分にありますね!

そんな男性が現れるのが楽しみです!

まとめ

ということで、今回は人気美人女性フォトグラファーのヨシダナギさんの結婚や旦那や彼氏がいない理由などについてお伝えしました。

自分のありのままを自然体で生きながら、ライフスタイルがそのまま仕事になりそして社会に多くの影響を与えるヨシダナギさんに憧れている女性も男性も多いのではないでしょうか。

女性としてヨシダナギさんが魅力的であるからこそ今後結婚相手やお付き合いをする男性が現れることが楽しみですし、今後も楽しみです。

いよいよこれから様々な分野で活躍しながら多くの人に勇気を与える存在になっていただきたいですね!