リスクマネジメント

米ダイビング船なぜ炎上沈没(動画)原因理由や乗組員だけが救助で日本人や救命具は?

こんにちは!mediancafe運営者のモカです。

2019年9月2日、アメリカのカルフォルニア州沖合で
スキューバダイビング船が炎上し沈没しました。

なぜコンセプション号は炎上沈没したのか
原因理由や動画、乗組員だけが助かった理由を
調査してみました。

コンセプション号の炎上と沈没の事故のあらまし

この事故により少なくとも34名が行方不明となっています。
米沿岸警備隊(US Coast Guard)が明らかにした。
不明者の多くが死亡した恐れがあるとされています。

沈没したのは、サンタクルーズ(Santa Cruz)島周辺のダイビングツアーに出ていた「コンセプション(Conception)号」(全長23メートル)。沿岸警備隊によると、消防隊のヘリコプターと小型船や、沿岸警備隊の小艇が数時間にわたり懸命の消火活動を続けたが、炎と高熱により船内での生存者捜索ができないまま、船は沈没した。
沿岸警備隊のモニカ・ロチェスター(Monica Rochester)大佐は記者団に対し、午前3時15分(日本時間同日午後7時15分)ごろの出火時に起床していた船の乗組員5人は海に飛び込み、遊覧船により救助されたと述べた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

コンセプション号は安全規制に完全に準拠している問題のない船で
出航前もなんの異常も見られなかったと言います。

コンセプション号炎上沈没の動画や画像


出典:https://headlines.yahoo.co.jp/


by Twitter

これを見る限り、真っ暗での消化および
救出活動のようでかなり困難な状況であったことが
伺いしれますね。

さらに思っていたよりも小さい船のようですね?

波はそれほど立っていないようですが、
真っ暗な上に、炎が高温で救助隊も
全く近づけなかったといいます。

もし煙を吸ったりなどして、乗客が
動けない状態で海に飛び込んだりしていなければ
助かる可能性はかなり少ないのではないでしょうか。

※現在のところ動画は見つかりませんでした。

コンセプション号に日本人は乗っていたのか

現在のところまだはっきりとした情報は確認
されていません。わかり次第追記していきます。

今わかっているのは、
34人の行方不明のうち4人の死亡
が確認されたということだけですね。

コンセプション号船はなぜ炎上沈没したのか

この原因も今調査されている段階で
まだはっきりとしたことはわかりませんが、
船が完全に沈没するほど炎上するということは
何かしらのエンジントラブルか、キッチンやタバコなど
が引火し炎上した際に燃料などへ届いて爆発を
起こした可能性も十分にありますね。

これも理由が明確になった時点で
追記させてもらいます。

コンセプション号の乗組員だけが助かったのはなぜ

モカが不思議に感じたのは、
なぜ乗組員の五人だけが助かったのか
というのが不思議ですね。

船内には少なくとも乗組員以外の
34名の人(ダイバー)が乗船しており
報道では炎上時に起床していた乗組員以外がと
書かれていましたが、普通34名もいれば
だれか起きていたような気がしますし、
乗組員であればみんなを起こすように
促したはずではないでしょうか。

救命ボートや救命具などは全員分
なかったのでしょうか。

可能性として考えられることは

  • 救命具が人数分なかった
  • 急な発火(爆発)で助ける暇がなかった
  • 本当に全員寝ていた(?)ので脱出できなかった

などでしょうか。

それにしてももっと大勢が
助からなかったのか非常に
気になるニュースではありますね。

まとめ

ということで、今回は米ダイビング船
が炎上沈没した事故について記事にしました。

  • 米カリフォルニア沖でダイビング船が炎上沈没
  • 乗組員5人以外の34名が行方不明
  • 日本人がいたかどうかはまだ不明
  • 乗組員だけが助かったのが謎
  • 可能性として考えられるのは、
  • 救命具が人数分なかった
  • 急な発火(爆発)で助ける暇がなかった
  • 本当に全員寝ていた(?)ので脱出できなかった など

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。