俳優・女優・声優

梅宮辰夫の死去理由は慢性じん不全!死因や芸能人のコメントまとめ

俳優の梅宮辰夫さん(81歳)が2019年12月12日7時40分に神奈川県内の病院で慢性じん不全のため亡くなったことがわかりました。

ご家族はもちろん、ファンや関係者の間にも悲しみが広がっています。

梅宮辰夫の死去報道

俳優の梅宮辰夫さん(81歳)がけさ7時40分、神奈川県内の病院で慢性じん不全のため亡くなった。梅宮さんは去年9月に前立腺がん、今年1月に尿管がんの手術を受けていた。

梅宮さんは2016年に十二指腸乳頭がんを患い、これまでに6度のがんを経験したことを長女のアンナさんが明かしていた。

梅宮さんは東映のニューフェイスとしてデビューし、俳優やタレントとして活躍。また実業家や料理家としても知られていた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00010001-abema-ent

なんでもこれまでに6度のがんの手術を経験していたとのことで、よほど体もかなり悪かったのでしょう。どれほど苦しかったことかと思います。

梅宮辰夫の経歴プロフィール

 

  • 梅宮辰夫(うめみや・たつお)
  • 1938年(昭13)3月11日、満州(現中国東北部)ハルビン生まれ。
  • 日大法学部中退。58年に東映ニューフェース5期生に合格。
  • 翌年に映画「少年探偵団 敵は原子潜航艇」で俳優デビュー。「不良番長」シリーズ、「帝王」シリーズ、「仁義なき戦い」シリーズなどで東映の黄金期を担う。テレビは「前略おふくろ様」「スクール☆ウォーズ」「特命係長・只野仁」など多数出演。
  • 趣味は釣り、料理。
  • 174センチ。
  • 娘はタレントの梅宮アンナ。

72年にクラウディアさんと2度目の結婚をして、同年に長女アンナが誕生。その2年後に肺がんが見つかった。病気は化学療法で克服したが、「自分はがんが多い家系だったし、『これは早死にをするな』と切実に思った。結婚したことも、子どもを持ったことも後悔したほど。だから、1分1秒でも家族と一緒に長くいたいと心に決めた」。1日4箱も吸っていたたばこをやめ、銀座通いからもキッパリと足を洗った。

今でいう「イクメン」の走りだ。仕事が終わると自宅に直帰。家事を全面的に引き受け、もともと好きだった料理にも腕を振るった。

引用:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201912120000144.html?Page=3

その後は本当に家族を大切にされる人生を歩まれたそうですね。

梅宮達夫さんにとって家族の存在とは何かと問うと「癒やし」だと返ってきた。「家族という癒やしのために一生懸命、真面目に生きようとしなきゃという意識が生まれるんだ」と説明していたこともあったんだとか。

第俳優として時代を席巻し、家族を心から愛した梅宮辰夫さん。
ご家族はどれほど寂しい思いをしておられることでしょうか。

梅宮辰夫の死去理由は慢性じん不全

梅宮辰夫さんの死去理由、死因としては慢性じん不全ということですが、慢性じん不全というのは一体どのような症状のことを指すのでしょうか。

腎不全は腎臓の機能が低下して、正常にはたらかなくなる病気です。慢性腎不全は数カ月から数十年かけて腎機能が徐々に低下し、腎臓のろ過能力が正常時の30%以下となって、体内の正常な環境を維持できない状態のことをいいます。慢性腎臓病(CKD)が進行することで発症し、腎機能の回復は見込めず、高度な腎機能低下の場合、多くは末期腎不全(腎臓のろ過能力が15%未満)へと進行し、生命に危険をきたします。そして最終的には、透析や腎移植をする必要が出てきます。

引用:https://www.saiseikai.or.jp/medical/disease/chronic_renal_failure/

長い闘病生活の中でかなり体も弱っておられたことがわかりますね。

親友の松方が亡くなった時をはじめ昭和の名優が亡くなるたびに、梅宮はコメントを求められてきたが、近年は「俺自身がもう長くない」と口にしていた。

〈僕が死んだ時に誰が取材を受けるのかと考えるとね。同時代を生きて、僕について語れる人はもういない。(中略)これだけ周りが次々に逝ってしまうと、むしろ僕だけが長生きしすぎているんじゃないかと思う〉(『新潮45』2017年6月号)

このようにも語っていた梅宮さん。
ひょっとするとこの辺りから体調も崩しておられた可能性があります。

芸能人コメントまとめ

(現在執筆中)随時更新します。

ファンや世間の反応

まとめ

ということで今回は梅宮辰夫の死去理由は慢性じん不全!死因や芸能人のコメントまとめと題してお伝えしました。

ご家族や芸能関係者のみなさまに心からの慰めをお祈りしています。