スポーツ

玉井陸斗の経歴プロフィール!飛び込みの強さは腹筋にあり?【画像】

玉井陸斗

こんにちは!

FNS27時間テレビのめざましテレビではオリンピックの次世代アスリートの特集が組まれています。

中でも注目は最年少での東京オリンピック出場を期待されている高飛び込みの玉井陸斗選手。早速経歴やプロフィールそしてものすごいと噂の腹筋や筋肉について調べてみましょう。

玉井陸斗経歴プロフィール

プロフィール

名前:玉井陸斗(たまい りくと)

本名:同上

生年月日:2006年9月11日

年齢:13歳(2019年現在)

出身地:兵庫県宝塚市

身長:146cm

体重:39kg

中学:兵庫県宝塚私立高司中学校

玉井陸斗選手は日本選手権にて12歳という史上最年少で優勝しました。
これまた史上最年少の東京オリンピック出場の可能性が高い次世代選手です。

3歳の頃より、水泳をはじめ現在急成長している日本期待の星です!

なんと若過ぎて年齢制限があるため、世界選手権には出場できないんだとか・・。
なんじゃそれ。日本水泳連盟のお力添えでなんとかならないものでしょうかね?

中学校は、出身の兵庫県の地元の宝塚市立高司中学校で学んでいるとのことです。
ここは、特に水泳に特化した私立中学ではなく、ごくごく普通の中学校で、玉井陸斗くんが3歳から始め通っているスイミングスクールもJSSスイミングスクールで、ごくごく普通の地元のスイミングスクールだそうですね。

やはり才能ある選手というのはどんな環境でも「開花」する火種をもっているのでしょうね。

どうでもいいですが、水泳選手なのに「陸斗」というのが素敵ですね。飛び込みは水泳の中でも「陸」ですからね。ww

玉井陸斗の強さは腹筋にあり?!【画像】

玉井陸斗くんの腹筋がすごいと話題になっているようです。

確かにものすごい筋肉です。相当なトレーニングを積んでいるんでしょうね。空中で姿勢を保ったり、倒立の際には腹筋は重要ですから、このバキバキの腹筋も玉井陸斗選手の強さの一つであることは間違いないですね。

玉井陸斗くんはまだ若干13歳になったばかりで身長も146cm、さらには体重39kgとものすごい軽い体重を活かして、抜群の回転力と、体に染み付いた空中感覚が最大の武器です。

育ち盛りですから今は、全ての栄養素が身長増加に回るじきですから、おそらく腹筋バキバキなのは体脂肪率の低さも関係しているのでしょう。

小柄な体型、体重の軽さ、筋肉、姿勢、回転など全てがうまく飛び込みの「強さ」に繋がっているのではないでしょうか。

玉井陸斗は東京オリンピックに出場できるのか?

現在日本一位になりましたので、もちろん東京オリンピックへの出場の可能性は大アリでしょう!

2019年4月に、初めて出場した日本室内選手権の男子飛び込みで2位に60点差をつけてダントツの優勝デビューを果たした玉井陸斗選手のメンタルの強さ、と思い切りの良さも注目に値します。

こうして、突如現れた新星として一躍東京オリンピック代表の最有力候補となりました。
FNS27時間のめざましTVでインタビューも受け、今後さらに国内での注目度はアップするでしょう!

まさにこれは日本の宝といってよいですね。

まとめ

ということで、玉井陸斗の経歴プロフィール!飛び込みの強さは腹筋にあり?というテーマでお伝えしました。

東京オリンピックを目指して世界の頂点まで突き進んでいってほしいですね!
応援しています!

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。