政治家

【桜を見る会】三原じゅん子議員が母親のために玉川徹にキレた理由に疑問視?!

三原じゅん子議員

こんにちは。参院議員の三原じゅん子議員がテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」での玉川徹氏の発言に対して「許し難い侮辱発言」「厳重に抗議します!」と怒りのツイートをしたことが明らかになりました。

その経緯や理由に対して、桜を見る会について考察します。

三原じゅん子が母親のために玉川徹にブチ切れた経緯と概要

参院議員の三原じゅん子議員が12日、ツイッターを更新し、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」で、三原議員の母、叔母が安倍晋三首相の「桜を見る会」に出席したことに玉川徹氏、青木理氏が「どういう功労があるんだろう」などとコメントしたことに「許し難い侮辱発言」「厳重に抗議します!」とつぶやいた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

これは安倍首相が行う「桜を見る会」について、コメントをしていた玉川徹氏と青木理氏が、「桜を見る会」に出席した、三原じゅん子議員の母親、叔母に対して「なんの功労があるんだろう」と発言をしたことにより、三原じゅん子議員の怒りをかったという一件です。

玉川徹が三原じゅん子の母親や叔母に向けた屈辱発言とは

そもそも「桜を見る会」というのはどういった集まりなのか、それを知らなければ、玉川徹さんの「屈辱発言」の真相や意味は理解することができないでしょう。

番組では、安倍首相が行う「桜を見る会」について特集。公費が使われていることや、参加者や費用が年々増加していることなどを紹介。出席者については「各界において功績功労のあった方々を招き、日頃の苦労を慰労する内閣の公式行事」と紹介した。

その中で、三原議員の14年4月18日ブログを紹介。その年の桜を見る会に出席し「今年は母や叔母たちも参加し喜んでおりました」と記されていた。すると玉川氏や青木氏が三原の母や叔母について「どういう功労があるんだろう」と口にした。番組では三原議員の事務所に取材したが、11日までに返答はなかったとした。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

ここでのポイントは、「桜を見る会」に関する招待客の基準が、「各界において功績功労のあった方々を招き、日頃の苦労を慰労する内閣の公式行事」と定義づけられていることにあると思いますね。

「各界」という意味においては、確かに三原じゅん子議員の母親出会ったり、叔母などは、一般人ですから「各界において功績功労のあった方々」には該当しないというのも理解できます。

なので、玉川徹氏の「なんの功労があるんだろう」というのは一種の「疑問」であり、屈辱的発言とは取りにくいというのが筆者の個人的な感想ではあります。

また玉川徹氏の個人的な感情論としては、「桜を見る会」に招待される客の人選判断がいまいち曖昧であることに対する不満が根底にあったように感じられますね。

桜を見る会の招待客の曖昧さと問題点

首相が各界の著名人らを招いて毎年4月に東京・新宿御苑で開く「桜を見る会」の費用が、2018年度は予算の3倍となる約5200万円に上ったことが、13日の衆院決算行政監視委員会で明らかになった。第2次安倍政権の過去5年間、同じ額の予算を計上しているが、実際の支出は毎回、予算を上回り、増え続けている。参加者の増加が主な原因だ。

引用:https://news.line.me/

確かに年々招待客の人口も増加し、予算の3倍にまで膨れ上がっているにも関わらず、全てそれらが公費で賄われているという現実は決して無視できないですよね。

その結果参加できない人や、各界で活躍しているにも関わらず(少なくともそう自負している)人が、招待されないにも関わらず、一般人の参加なども含めて参加者が増え続けている現状によく思わない人がいるのも頷けます。

三原じゅん子が母親のために玉川徹の屈辱功労発言にブチ切れた理由が幼稚過ぎる?!

この玉川徹氏の発言に対して、三原じゅん子氏はこのように反論しています。

「この件は内閣府のルールに則って、招待された人が出席したまでです」とつぶやき「しかしながら番組での2人の母への発言は許しがたい侮辱発言だと思います。厳重に抗議します!」

Twitterより

確かに三原じゅん子議員の個人的な心境からすれば、自分の身内に対して屈辱的発言だったと受け取ることも理解できないではないですが、国の公費を大幅にオーバーして行う行事について、プライベート色の強い家族の私的意見を重ねて発言することにやはり「過剰反応」してしまう人がいることも、確かでしょう。

その点を考慮できなかったという点では確かに三原じゅん子議員の「ブログ」発言ももう少し慎重にするべきだったとも言えます。

言い方は悪かったとは思いますが、それに対して感情的に反応する三原じゅん子議員ももう少し「流れ」を冷静に受け止めて欲しい気はしますね。

どちらの言い分もわからないでもないですし、気持ちは理解できるのですが、「公費」を使っている行事である以上、為政者として国に支えている立場であり「桜を見る会」に出席し家族もある意味で「楽しいいい思い出」をつくれたのなら、多少の外部のひとの言葉に感情的になってしまうのは、いささか軽率ではないかと個人的には感じましたね。

SNSでもそんな反論はせずに控えめに対処なり、丁寧に対応すれば好感度も上がるのに、厳重に抗議します!って言い切るのはなんだか上から目線というか、裁判官っぽいなぁと自分は正しい悪くない!と主張している感が見えてしまっているのがなんだか残念でした。

三原じゅん子が母親のために玉川徹の屈辱功労発言にブチ切れたことに対する世間の反応世間の反応

やはり、三原じゅん子さんの感情的なツイートに対して疑問視する声が多いようですね。

まとめ

ということで、今回は【桜を見る会】三原じゅん子議員が母親のために玉川徹に切れた理由に疑問視?!と題してお伝えしました。

 

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。