未分類

メンズバレンタインデーでなぜ下着を?理由や女性は本当に喜ぶの?おすすめギフト!

こんにちは!mediancafe運営者のモカです。

最近メンズバレンタインデーという言葉が巷で話題になり始めていますし、ツイッターなどでもしきりにつぶかれていてその意味や由来を知らない人も結構いるんだとか。そしてそもそも下着を女性にプレゼントするというこのメンズフライデーに結構抵抗感を感じている男性も多いのではないでしょうか。果たしてこのメンズバレンタインデーは定着するのか認知度や女性の反応などを調査してみようと思います。

メンズバレンタインって何?由来や意味は?

メンズバレンタインデーというのを一言で説明すると、それは

男性が好きな女性に対し下着等のプレゼントをし、告白する日のことです。

これだけ聞くと、

は?
へ?

となる男女もいるのではないでしょうか。
何にも予備知識ない人が、または予備知識ない人にいきなり
「好きです」って下着渡されてもただただ困惑してしまいますよね。^ ^;

この際しっかりと意味や由来について理解しておきましょう。
間違っても、「メンズ」バレンタインデーという響きから男性が男性にプレゼントを渡したりする同性愛に関する日ではありませんので誤解のないように。

実はこうした、イレギュラーな「バレンタインデー」文化は日本にのみ行われているイベントでこの由来は海外からのないものであることがわかります。

そもそもバレンタイン=チョコというのもこれは日本特有であって、ロッテとかガーナ、森永などの菓子メーカーが販売促進のために広げた営業戦略の一環と言われていますので、このメンズバレンタインデーというのも何かしら臭いますよね・・。

どうやら、1991年に下着メーカーが女性に下着を送る日があってもいいのではというところから「日本ボディファッション協会」という団体が正式に制定したことが発祥とされているとのことですね。

やはり企業メーカーの営業戦略のひとつということですね。あくまで個人的意見ですが、なんだかしょうもないですね。というよりもしこれに踊らされたらなんだか恥ずかしいです。。下着だけに。。

メンズバレンタインデーにはなぜ下着をプレゼントする?

なぜ?という理由をあげるとすれば、それは下着メーカーが一枚でも多くの下着を販売したいから「下着」だったということですね。

ですので極端な話、もちろんこれが「下着」でなくてもいいんです。
もし「お酒」のメーカーがバレンタインデーにはお酒を渡そう!と打ち出してそれが世間に認知されればそれが「お酒」になっていた可能性だって十分にあり得たはなしですね。

もんだいはなんで9月14日なんだ?ということですよね。実はこれに関してははっきりとした根拠はありません。2月から一年の半年後は8月16日。これはなんとなくお盆が近いし終戦記念日などのこともあり、時期をずらした方がいいのでは?んじゃちょうど7ヶ月後の9月14日にしちゃえ。みたいな感じなんでしょうね。発祥が下着メーカーの営業部発信ならおそらく日にち指定もそんな程度でしょう。

メンズバレンタインデーで下着って女性は喜ぶの?

正直、ハードル高いというのが世間の一般的な反応なのではないでしょうか。
そもそも「下着を渡す」「告白」を同時にすることに無理があります。

こんなことを考えるのはどこかのすけべな男性中間管理職のおじさんあたりの発想ではないかと個人的には思ってしまいますね。(辛口コメントですみません)

恋人同士、もしくは夫婦などパートナーどうしであるならまだしも、「深い仲」でもないお付き合いとかをする前にいきなり下着を渡して「好きです」ってあまりにも突飛過ぎますよね。ていうかそれでめでたくゴールインならともかく、もし誰か他と付き合っていたりしたり片思い状態であれば、完全なセクハラ事故です。(汗

ネットの反応

ネットの反応もやはり大体が同じ感想ですね。

今日はメンズバレンタインデーなるものらしい… 男性から女性に下着をプレゼントをする… うん。確実に変質者扱いされるね (・∀・) 余程の信頼関係がなければそんなの貰ってもゴミ箱行き
チョコ下さい
ふむ、プレゼントするからには下着のサイズがわかる、あるいは聞ける間柄なのでしょう。 …そんなに仲が良いなら、こんな日に告白しなくても良いのでは? それともあえて「この下着を付けたところが見たいんた!!」って言うのが良いの…?
初めて知ったけど、下着を贈るって無理がありすぎん?😂 お菓子なら普通に欲しいけど…

メンズバレンタインデーの日本の認知度や定着度は?

最初にアイデアとして生まれたのが、1991年で、2015年あたりからメディアでもなんとなく取り上げられたりしてはいるものの世間的に全く認知されないことや定着しないのは上記に挙げたような理由からだと考えることができますね。

バレンタインのチョコをあげる行為は誰も傷つきませんし、子供から大人まで異性同性年齢問わず誰でも気軽にどこでも渡せるものですが、下着となると対象もタイミングも値段もあらゆる場面設定を考慮してもかなりターゲットが絞られてしまいますよね。

まさになんとか下着をうりたいという下着メーカーの苦肉の策といった感じではないでしょうか。ただ、かつてのように店頭で男性がお店に下着を買いに行くのもかなりハードルが高かった時代よりは、今では気軽にネットで注文することができるという点では購入のハードルは下がっているとは思いますが、それでもプレゼントすることができるのは一部の超イケメンかっこつけが様になる男性くらいでしょう。(キムタクとか 笑)

メンズバレンタインデーのおすすめギフト

ということで、メンズバレンタインデーのおすすめギフトとしては「下着以外」で
愛を告白するのがなんとなくおすすめになるのではないでしょうか。もともとはこの日は企業戦略販売促進から生まれた文化ですから、男性が女性に告白する日は別に9月14日出なくてもいいわけで、いつでもできますから、あまりこうした世間の「記念日」にふりまわされることなく自分たちのペースで魅力ある異性へアプローチしてはいかがでしょうか。

まとめ

ということで今回はメンズバレンタインデーでなぜ下着を?理由や女性は本当に喜ぶの?おすすめギフトと題してお伝えしました。

  • メンズバレンタインデーの発祥は下着メーカーから
  • メンズバレンタインデーは日本特有の記念日
  • でも認知度も定着度も低い
  • 下着を渡して告白するという設定に無理がある
  • 告白はいつでもできるので自分のペースで好きなものを渡してはどうでしょう

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。