著名人・一般人

前澤友作はなぜ澤田宏太郎を新社長に?理由や記者会見の内容と今後!

こんにちは!mediancafe運営者のモカです。
ZOZOの前澤友作さんが電撃社長退任をされましたね!
これにはモカも非常に驚きました!

ヤフーがZOZOの株式の公開買い付けで50.1%(約1億5300万株)
を取得するということで金額はなんと4000億円以上になるんだとか!
ものすごいスケールですよね!

前澤友作氏はなぜ新社長に澤田宏太郎氏を選んだのでしょうか
その理由や記者会見の内容や今後についてまとめていきたいと思います。

前澤友作氏ZOZO社長退任!

ZOZOの株式の37%を保有していた前澤社長が
ヤフー買収に際して、持ち株の6.4%を残して
あとは売却するとのことですね!つまり
ほぼ30%の保有株を手放すということになります。

この退任に際して、受け取るお金はどのくらいに
なるのでしょうか。

1株2620円(2019年9月11日時点)で計算して
30%の株式となると、金額にするとなんと
2400億円にもなりますから、退任時に退職金以外にも
これほどに多額のお金を手に入れるわけですから
ものすごいことですね。

もちろんほぼ半分を税金に回すなんて
バカなことはしないでしょうからその辺は
新しい法人など何かしらの経費として
計上できるように最善の有効活用方法を
考慮しての売却に踏み切ったと考える方が
自然ですね。

前澤友作はなぜ澤田宏太郎を新社長に?

前澤友作氏はなぜ澤田宏太郎氏を新社長に選んだのでしょうか。
理由をいくつか考えてみたいと思います。

澤田宏太郎氏の経歴はざっと次のようになります。

【ZOZO新社長・澤田宏太郎氏の経歴】
1970年生まれ、神奈川県出身。早稲田大学理工学部を卒業後、NTTデータ入社。その後、コンサルティング会社2社を経て、2008年、アパレルメーカー自社ECサイト支援業務を手がけるスタートトゥデイコンサルティングを設立し、代表取締役に就任。2013年8月にスタートトゥデイコンサルティングがスタートトゥデイに吸収合併後、同社取締役に就任。2019年9月、ZOZO代表取締役社長兼CEOに就任。

引用:https://news.livedoor.com/article/

1970年生まれですから現在49歳ということで前澤友作氏よりは年上ということになりますね。前澤友作氏が最初に設立した株式会社スタートトゥデイがマザーズに上場したのが2007年の12月のことですから、その後すぐに澤田宏太郎氏がこの同名のコンサルティング会社を設立しているということは、すでにコンサルティング会社に勤めていたころから前澤氏との交流があり、ビジネスパートナーとして信頼されていたということでしょう。

つまり10年来のビジネスパートナーとして前澤氏を支えてきたのがこの澤田宏太郎氏ということになります。

ZOZOの公式HPでの新社長就任のお知らせ欄にも澤田宏太郎氏について、このように表明されています。

ファッション通販サイト 「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZOは、本日2019年9月12日付けで、代表取締役社長 前澤友作が代表取締役ならびに取締役を退任したことをお知らせいたします。あわせて、本日開催の取締役会にて、取締役 澤田宏太郎が代表取締役社長兼CEOに就任することを決議いたしました。なお、前澤友作の退任は、本人の意向によるものであります。

当社の代表取締役社長 前澤友作より、本日付で当社とヤフー株式会社との間で資本業務提携契約を締結したことを機に、当社が今後新たな資本関係において更に飛躍する上で最適な後任者に経営を託すため、2019年9月12日をもって代表取締役及び取締役を退任する旨の意向表明があり、これを受けて当社は、同日開催の取締役会において、取締役 澤田宏太郎を新たに当社代表取締役社長兼CEOに選定する旨の決議を行いました。当該取締役会終了後、前澤友作は、当社の代表取締役及び取締役を退任しております。

引用:https://corp.zozo.com/news/

社長退任は前澤友作氏本人の意向であり、もちろんこの決断は多くの株式保有者による株主総会や会社役員の会議でも熟考された上での決議でしょうから、よほどこの澤田宏太郎氏はビジネス手腕が高く評価されている人物なのでしょう。

前澤友作の記者会見内容や今後について

さて、気になるのが前澤友作氏の今後の活動やビジネスについてだとは思いますが、
今後のことに関しては2019年9月12日の午後17:30-より、ヤフーの川辺健太郎社長と一緒に記者会見に望むようです。

記者会見の内容としては

  • 今後のZOZOの経営方針
  • 新社長の澤田宏太郎し選出の理由や紹介
  • Yahoo買収までの経緯や今後の経営ビジョンの公表
  • 前澤友作氏の退任理由や時期に関する声明
  • 前澤友作氏の個人的な活動の今後の方向性について

などが考えられるでしょう。

ヤフーにとっては、ZOZOを取り込むことで、服飾販売のノウハウや電子商取引を著しく強化することができますし、アメリカのアマゾンや楽天との競争が激しくなってきていますので、このZOZO買収に際してそういった他社の競合企業との差別化を測ることが戦略ですね。

今後のヤフーの営業戦略が楽しみになってきましたね。新サービスや顧客に対するメリットなどを大きく打ち出していただける記者会見になればいいなと個人的には期待大ですね!
記者会見で具体的な内容を待ちたいと思いますね!

まとめ

ということで今回は、前澤友作はなぜ澤田宏太郎を新社長に?理由や記者会見の内容と今後!と題してお伝えしました。

  • 前澤友作氏ZOZO社長を電撃辞任!
  • 辞任に際して手放した持ち株はなんと30%で総額2400億円相当
  • 前澤氏にとって澤田宏太郎新社長は10年来の交流があり信頼できるビジネスパートナー
  • 記者会見内容は、①今後のZOZOの経営方針②新社長の澤田宏太郎し選出の理由や紹介③Yahoo買収までの経緯や今後の経営ビジョンの公表
    ④前澤友作氏の退任理由や時期に関する声明⑤前澤友作氏の個人的な活動の今後の方向性についてなど多岐ににわたる予想
  • 今後のヤフーのビジネス展開に期待

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。