未分類

前澤友作の社長退任後の新ビジネスは何?進路や今後の予定を調査!

こんにちは!mediancafe運営者のモカです。
ZOZOの前澤友作さんが電撃社長退任をされましたね!
これにはモカも非常に驚きました!

ヤフーがZOZOの株式の公開買い付けで50.1%(約1億5300万株)
を取得するということで金額はなんと4000億円以上になるんだとか!
ものすごいスケールですよね!

前澤友作氏の社長退任後の新ビジネスについて進路や
今後の予定を調査したいと思います!

前澤友作氏ZOZO社長退任!

ZOZOの株式の37%を保有していた前澤社長が
ヤフー買収に際して、持ち株の6.4%を残して
あとは売却するとのことですね!つまり
ほぼ30%の保有株を手放すということになります。

この退任に際して、受け取るお金はどのくらいに
なるのでしょうか。

1株2620円(2019年9月11日時点)で計算して
30%の株式となると、金額にするとなんと
2400億円にもなりますから、退任時に退職金以外にも
これほどに多額のお金を手に入れるわけですから
ものすごいことですね。

もちろんほぼ半分を税金に回すなんて
バカなことはしないでしょうからその辺は
新しい法人など何かしらの経費として
計上できるように最善の有効活用方法を
考慮しての売却に踏み切ったと考える方が
自然ですね。

前澤友作氏の退任後の新ビジネスは何?

これはもうすでに世間の多くが周知のことですが、
2018年9月に前澤友作氏は月旅行プロジェクト
を企画していますから、そちらへ多額の投資を
行いつつ個人活動に専念するとのことですね。

その宇宙プロジェクトの名前はスペースX。
アメリカの超有名実業家イーロンマスクとの
コラボビジネスですね。

この度スペースXが開発するという
宇宙周回旅行用のロケットというのは
BFRと呼ばれるもので、
超大型ロケットと言われています。

 

その全長はなんと100mもあるそうで、
直径は9mだって。

 

そんなでかいロケットを初めて
飛ばして大丈夫?って
個人的にはかなり心配なんですけどね。。

 

スペースXの最高経営責任者CEOのイーロン・マスク
一緒に記者会見でコメントする前澤社長のスピーチ動画が
こちらです。

 

49:30あたりから前澤社長の登場です。
拍手喝采で迎えられていますね。

 

 

「ついにこれを発表できる時が来た!嬉しい!本当に最高の気分だ!」
と英語で発言しています。

 

宇宙旅行はいつかというと2023年を
予定しているようです。

 

英語は上手くないけど・・と言いながら
自己紹介を含めて自分の生い立ちから
話しています。

 

英語が得意でなくても
通訳を頼らず自分で表現するのが
尊敬できます。 :-)

前澤友作氏の今後の進路や予定について

前澤社長が宇宙ベンチャー企業の
スペースX社の月周回旅行で民間人として
契約したことを明らかにしたのが、
2018年9月18日でした。

 

飛行機を購入したときも話題になりましたが、
宇宙飛行まで考えるとは本当にスケールの大きな
人物ですよね。

前澤友作社長は2007年、「ドリームゲート」というWeb刊行雑誌の
インタビューの中で、このように答えています。

ちなみに当社の企業理念は「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」。昔、僕が活動していたバンドの歌詞の中にも、同じような意味のワードをけっこう使っているんです。現状維持じゃなくて、もっといい方向に変えていきたいって。そういった意味では、音楽をしていた時から、僕自身が持っている理念って変わってないのかもしれない。「ZOZOで売られている服っていいよね」「この服が大好き」と言ってくれるたくさんのユーザーの笑顔のために、たくさんの素晴らしい服を僕たちも笑顔でお届けしていく。もういきなり世界のために活動しているわけですから、うちのスタッフは最高にいいやつらばかりですよ。みんな“仕事”じゃなくて、“自事”として活動してくれている。これは本当に自慢したいことですね。

引用:https://www.dreamgate.gr.jp/

そして最近のTwitterでは、このように。↓

https://twitter.com/yousuck2020/status/1170907036084604928

前澤友作さんはいつの時代でも遊び感覚で、
何が楽しいか、何がかっこいいか、何がおもしろいか
を常に考えて行動する姿勢は何も変わらないんですね。
素敵です!

まとめ

とうことで今回は
前澤友作の社長退任後の新ビジネスは何?進路や今後の予定を調査!と題して
お伝えしました。

  • 前澤友作氏ZOZO社長を電撃辞任!
  • 辞任に際して手放した持ち株はなんと30%で総額2400億円相当
  • 今後の活動としては宇宙旅行プロジェクト「スペースX」に専念

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。