未分類

ローソン横領4億なぜ9年間も見つからない?理由原因や手口や方法は何?

こんにちは!mediancafe運営者のモカです。

なんとも不思議なツッコミどころ満載の
ニュースが飛び込んできました。

ローソンで4億3000万円ものお金が横領
されていたことがわかったとのことです。

9年間の犯行とのことでしたが、
正直なんで気づかんねん!と思いましたので
その理由や原因を探ってみることにしました。

ローソン横領事件について

これがニュースのあらましになります。

ローソンは50代の男性社員が9年間で4億3000万円を横領していたとして、30日付で懲戒解雇した。

解雇されたのはIT部門に勤務していた50代の男性社員で、2011年から9年間で計4億3000万円を私的に流用していた。

取引先1人と共謀して業務委託料を水増ししていたということで、社員は「流用した金は2人で山分けした。飲食などに使った」などと話しているという。ローソンは社員らを刑事告訴する方針。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

いろいろ驚くことがあるのですが、
ローソン社員がこんなことを9年間にも渡って
バレずにできるもんなんですね。

金額もかなり衝撃ではありますが、
取引先も非常に気になるところです。

おそらく多くの方が思っていることだと
思いますが、いやいや、なんで気づかへんねん!
って思いませんか?思いますよね。

ローソン横領はなぜ9年間も見つからなかったのか

正直これは、ローソンの管理がずさんであるということを
世間に露呈してしまっているようにも感じないでも
ないですね。

犯行が一人で行なっていたというのであれば発見は
もっと早かったのかもしれませんが、取引先との
業務委託料での水増しということですから、
正直業務内容としては変わったことをしておらず、
気づくのが遅れたのかもしれませんね。

それにしても、9年間で4億3000万円ですから、
1年間にするとほぼ5000万円、つまり1週間にだいたい
100万円という横領額ですから、

いくら通常業務での水増しとはいえ、
気がつくでしょう!と個人的にはツッコミを
入れたくなりますね。

4億円の使い道や犯行手口や方法は?

まず9年間に渡って4億3000万円を横領した
ローソン社員の所属先はIT部門ということで、
まずデスクワークとして「PC」でその操作を
誰にも気づかれないように行なったということが
わかります。

PCに詳しいと誰にもわからない形でこっそり
そういったことができてしまうんですね。

以前、銀行に勤めてIT部門にいるエンジニアが、
PC知識があれば、やろうと思えばなんだってできる
なんて恐ろしい発言がでていましたが、
技術を持っていれば、そういった発想も生まれてしまうので、
ある意味誘惑のタネですよね。

そういった意味では、IT部門で色々知りすぎるのも
あまり詳しくない方がいいのかな。なんて一般人のモカは
思ってしまいますが、今回のローソンの件に関しては
それほどの技術的な犯行というよりは、
共犯の取引先があったということですから、
業務内容としては、通常通り行い、
その業務委託料を水増ししていくという方法で
行なったためにわかりずらかったのでしょうね。

それにしても、外部の取引先と
結託するなんで、本物の悪ですね。

まとめ

ということで今回ローソン横領事件について
記事にしました。

  • ローソン横領の金額は4億円以上
  • 犯行が発覚するまで9年間の歳月が流れた
  • 業務としては通常のプロセスだったので気づくのが遅れた

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。