ニュース

中国パイロットが招き入れた一般女性客は誰?顔画像や動機は?【桂林航空】

こんにちは。中国の桂林航空のパイロットが飛行中の操縦室に一般女性客を招き入れたとして無期常務禁止処分を受けたことが話題になっていますね。

一体なぜそんなことをしてしまったのでしょうか。一般女性客とは誰なのか顔画像や動機を探ることにしました。

中国パイロットが一般女性客を操縦室に招き入れ概要

香港(CNN) 中国・桂林航空のパイロットが飛行中、操縦室に一般人の女性を招き入れていたことが発覚し、終身乗務禁止の処分を受けた。

操縦席に座ってVサインをする女性の写真が、インターネット上で拡散した。「機長にすごく感謝」というコメントが添えられている。

写真は女性が自ら中国のソーシャルメディア「微博(ウェイボー)」に投稿した。中国の航空ブロガーが3日に見つけ、桂林航空機の飛行中に撮影されたことを突き止めた。

女性はその後、写真を取り下げたが、ブロガーの投稿には2万2000件の「いいね!」が集まっている。

桂林航空は、問題の写真が今年1月4日、中国南部の桂林から東部の揚州へ向かう便の中で撮られていたことを確認。4日の声明で、パイロットを終身乗務禁止とし、調査を進める間、ほかの乗務員らの乗務も停止すると発表した。

同航空は、飛行中の安全を脅かす行為は一切容認しないと改めて強調。再発を防ぐために安全基準を強化する方針を示した。

中国共産党機関紙の人民日報によると、女性は桂林にある観光大学の客室乗務員養成コースで学んでいる。パイロットと個人的なつながりがあったのかどうかは明らかでない。

中国では昨年も、深セン東海航空のパイロットが飛行中に妻を操縦室へ招き入れたとして、6カ月の乗務禁止処分を受けた。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

パイロットもなかなか大胆なことをやりましたね。

飛行機の操縦室は下手すれば、何百人もの乗客の命に関わるような操作ミスの可能性もありますから一般人を操縦室に、しかも「飛行中に」招き入れるなんて普通は考えられませんけど、そういうことをパイロットはしてしまったんですね。

普通は機長だけでなく、副操縦士や、CAもいますから誰もそれに対して注意をすることはなかったのでしょうかね?

自動操縦の時間であったことや、飛行機内ではパイロットの権限が最優先されることからそういった事態が起きてしまったのでしょうかね。

操縦室に招き入れられた一般女性は誰?顔画像

中国の桂林航空の操縦室に招き入れられた一般女性客とは一体誰なのでしょうか。

写真を見る限りではとっても美人のようです。

Aaaaquariousというアカウント名で登録されていることまではわかったのですが、weiboでのアカウントは現在削除されていましたので女性の詳細については見ることはできませんでした。

 

操縦室の招き入れや写真公開の動機は何?

この中国パイロットと、一般女性客の関係については明らかにはされていません。

ですが、「招き入れられた」と書いていますが、女性は客室乗務員養成コースで学んでいる観光大学の学生でしかも航空会社のある桂林の学生ということで、要は将来の「桂林航空う」のCAとして活躍する可能性の高い女性ということになりますから、もう期待の星ですし、

そのような流れからもパイロットも「一般人」との判断をしかねた可能性もありますね。つまり「CA」候補生だから大丈夫といった軽い気持ちで操縦室に入れてしまったのかもしれませんね。

そして、見るからに美人で可愛いですし、男性のパイロットも頼まれたのでほんの下心もあり、いい格好をしてちゃんと断れなかった可能性もありますね。。

しかしながら、大学生でも一般人は一般人ですから、そこは、飛行中の招き入れは「一線を超えた」行為となってしまいました。

それにしても、SNSというのは見方によれば、何とも恐ろしいツールですね。あっという間に不特定多数に一枚の情報が開示され、そこから分析されればそれが飛行中だったかどうかで、パイロット生命まで関わる事態にまで発展するんですから。

SNSで画像を公開した女性は、後悔することをパイロットに事前に相談していたのでしょうか?もししていないとするなら、ものすごい責任と自分のした失敗の大きさに打ちひしがれていることでしょう。

まとめ

ということで、中国パイロットが招き入れた一般女性客は誰?顔画像や動機は?【桂林航空】ということでお伝えしました。

そして、これはパイロットの男性のキャリアに影響しただけではなく、CAを目指していた自分の過失としても大きな汚点をつけた失敗として記憶されてしまいます。

ほんの些細なことがこうした二人の人生にまで大きな影響を及ぼすというのはなんとも複雑な思いがしますね。

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。