アイドル

有安杏果と精神科医児島直樹はタブー婚!?洗脳でない馴れ初め結婚理由とは

2018年1月にアイドルグループ「ももいろクローバーZ」を卒業し、その後ソロ活動を始めた歌手有安杏果さん(24)が11月24日にかねてから交際をしていた精神科医の男性児島直樹さんと結婚したことが報道されました。

結婚そのものはおめでたいことなのですが、精神科医と診察を受けていたアイドルとの結婚がタブー視されていたり、精神科医という職業柄や25歳という年の差婚であることから「洗脳」なのではないかなどの憶測がネット上に飛び交っていますが、その真相について馴れ初めや結婚理由の真相に迫りたいと思います。

元ももクロ有安杏果と精神科医児島直樹が結婚!

昨年1月にアイドルグループ「ももいろクローバーZ」を卒業し、今年1月からソロ活動を始めた歌手、有安杏果さん(24)が24日、交際していた男性と結婚したと、自身の公式ブログで報告した。23日に婚姻届を提出したという。

所属事務所によると、お相手は40代後半の医師で、事務所代表も務めている。有安さんは、自身のブログで「いつの日も私の健康と幸せを一番に考えて、どんな時も私の味方でいてくれる、そんな安心感と優しさを与えてくれる人と出会いました」とコメントした。

有安さんは現在は歌手、写真家として活動している。

引用:https://www.sankei.com/

この元ももクロの有安杏果さんと結婚した相手の精神科医というのが、児島直樹さんです。通常一般人であれば、名前や顔は公表されることはないのですが、お医者さんということで名前も顔も確認することはできます。

精神科医児島直樹さんの経歴プロフ

児島直樹出典:http://www.tubomi.co.jp/

 

プロフィール

名前:児島直樹

生年月日:不明

年齢:49歳(2019年現在)

出身地:大阪府

職業:精神科医 

学歴:東京医科大学医学部卒業
田附興風会 医学研究所 北野病院 勤務
大阪大学大学院医学系研究科 精神医学教室 入局
大阪大学医学部附属病院 勤務
国立精神・神経医療研究センター病院 勤務
あんずクリニック院長

クリニック:あんずクリニック 

年齢は40代後半ということで報道されていますが、詳しくは49歳ということでその年の差25歳ですからかなり開いていることは確かですね。

確実に有安杏果さんのご両親の方が年が近い、むしろ「同世代」といっても過言ではないのかもしれません。

実際に結婚報告の際には有安杏果さんのご両親はその年の差具合に非常にびっくりしたんだとか。。

それにしても、お医者さんだから当然なのですが、流石にものすごい学歴で優秀な方であるのは容易に想像できますね。

元ももクロ有安杏果と精神科医児島直樹の結婚がタブー婚?!

View this post on Instagram

♪  Pop Step Zeppツアー 終わってしまいました… 寂しいです…  あー幸せだったなぁ 楽しかったなぁ  みんながたくさん笑ってくれて たくさん歌ってくれて…  幸せすぎました  会場に来てくれたみんな 遠くから応援してくれたみんな 本当に本当にありがとうございました!!   あーほんっとに楽しかったー  最高に幸せです♪   あっ来年もツアーやります! また頑張ります!  是非よろしくお願いします☺️   有安杏果   #福原将宜  #山口寛雄  #玉田豊夢  #宮崎裕介  #ポプステ  #感謝 #ありがとうございました

A post shared by 有安杏果 (@ariyasu_momoka_official) on

実は、有安杏果さんと精神科医の児島直樹さんの結婚がタブー婚なのではないかとの声が世間を騒がせています。その理由として考えられるのがこちら↓

「40代後半の精神科医で、ももクロ時代から患者として通っていた。ただ、患者は悩みを相談する立場から精神科医に恋愛感情を抱きやすい。的確な治療をするためにも、患者とは適切な距離を保つことが必要で、恋愛はタブー。精神科医業界でも批判的な声が上がっていた」(芸能関係者)

さらに、芸能事務所側にとっても困った事態になっているという。

「有安は“事務所公認”で通わせていた医師と恋愛し、事務所も辞めてしまった。過度なストレスに悩まされ、精神科医にお世話になるタレントは多い。あしき前例ができてしまったので、事務所サイドが事前に『タレントと恋愛関係にならないように』とわざわざ伝えるケースも増えている」(芸能プロマネジャー)

“タブー婚”で、タレント、医師側の双方にとってやりにくい環境になってしまったようだ。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

この記事を読むと確かに思い当たる節もないわけではないですね。

  • 患者がプライベートな「悩み」を打ち明けることで心を開きやすい
  • 患者と医者は恋愛がタブー(的確な治療のため)
  • 事務所側の運営としてもやりにくくなる
  • あしき前例であり、後続者がでる可能性が否めない

といったことが理由になるとは思いますが、ただこれに関しては「絶対」とは言い切れない面もありますね。

精神科医であれば全ての女性と恋愛感情に発展するわけではもちろんないですし、後続者がでるかもしれないので「あしき前例」であるというのはあくまで事務所の都合であり、全体の母数からすると「芸能人と精神科医」の出会いというのはかなり限られたマイノリティーなケースですからね。

ただマイノリティだからこそ「注目」されバッシングされるのももちろん想像できますので、ファンも多い人気アイドルだった有安杏里さんだったからこそこういった「現象」は避けて通れない道だったのかもしれませんね。

では本人のい言い分はどうなのでしょう。

元ももクロ有安杏果と精神科医児島直樹の結婚は洗脳ではない!?

View this post on Instagram

♪   ファンの皆様へ  いつも温かい応援ありがとうございます。 私、有安杏果はこの度11月23日に兼ねてから結婚を前提にお付き合いしていた一般男性の方と入籍致しました事をご報告させて頂きます。  0歳から芸能界の中でずっと生きてきた私は、あまりプライベートというものがなく、ただただ毎日を必死に全力で生きてきた気がします。  いつの日も私の健康と幸せを一番に考えて、どんな時も私の味方でいてくれる、そんな安心感と優しさを与えてくれる人と出会いました。  彼と自然な時間を重ねていく中で、これからの人生に対して更なる色々な夢や希望を持てるようになり、その一つとして一人の女性として幸せになりたいと強く思い、結婚に至った次第です。  今日に至るまで、たくさんの方々に支えていただいたことを心から感謝しています。 本当にありがとうございます。  まだまだ未熟者ですが、このご縁を大切に心強いパートナーと共に歌手として、人として一歩ずつ成長していけるよう、より一層の努力をしていきますのでこれからも温かく見守っていただけたら嬉しいです。  どうか今後ともご指導のほどよろしくお願い致します。    有安杏果

A post shared by 有安杏果 (@ariyasu_momoka_official) on

実は、「タブー婚」とか「洗脳」とかしきりに世間に騒がれ様々な憶測が飛び交っている中で、その真相を探るべく有安杏果さんから直接話を聞いたインタビュー内容をCINRA.NETというオンライン情報誌が詳しく報じています。

その一部を紹介すると、

―2月にお付き合いを公表されたあと、お相手が医者だということを理由に世間からは「洗脳」「転移性恋愛」などとも書かれました。そういう文字や批判を見て、どう思っていました?

有安:「洗脳」については、本当にすごい書き方をするなとは思ったんですけど……。改めて思うと、週刊誌記者に囲まれる体験は私もそれまでなかったし、週刊誌に載ることもなかったけど……だけど彼のほうがもっと……。

ー(中略)ー

でも彼からは「誹謗中傷に振り回されることなく目の前の仕事に集中しよう」と言われたんです。それで「洗脳じゃないです」「事実と違った憶測や推測です」とか言うことも、方法としてはあったかもしれないけど、いちいちそういうことに反応するんじゃなくて、そこはもう歌と音楽で返すっていうのを本当に決めていて。だから、ある意味、彼のもやもやとかも背負ってちゃんとステージに立とうと思ってました。そうやって書かれていたようなことは一切ないからこそ、実際に見てもらえれば、わかる人にはきっとわかってもらえる、わかってくれたらいいな、という気持ちで。「洗脳じゃないです」って言葉で言うよりも、実際にライブで見てもらったり、私が発信していく、表現していくもので感じてもらうしかないなって。

引用:https://www.cinra.net/interview/

有名芸能人やそれに関わる一般人でさえ、少しでも特異な状況下で結婚となるとこういった「中傷発言」で炎上してしまうのは本当に気の毒ですよね。

このインタビュー内容全体から汲みとれることでもあるのですが、有安杏果さんの誠実な応答からもそういった「洗脳の怪しさ、危なっかしさ」というものは全く感じられませんし、むしろそれでも「give精神」で自分の最善のパフォーマンスを提供しようとする心の強さに感銘を覚えますね。

韓国ではそういったネットでの「叩き」に対応できずに心が病んでしまうアイドルの噂があとを絶ちません。

ク・ハラの死因はリベンジポルノ!?元彼氏チェ・ジョンボム暴行事件〜自殺まで日本でも人気を博した韓国のガールズグループKARAの元メンバーで、歌手のク・ハラさんが2019年11月24日午後、ソウルの自宅で死亡した...

そんな中で、絶えずファンや周りの関係者に感謝の意を表すことを怠らない有安杏果さんの姿勢には本当に感動しますね。すごいことです。

そもそも具体的な詳細を知らない部外者であれば無責任になんでも簡単に評価することは簡単ですが、本当の気持ち本当の心の動きなんてものは本当のところ当事者にしかわかりませんからね。

元ももクロ有安杏里と精神科医児島直樹の結婚が成立した馴れ初め理由

https://www.instagram.com/p/B4uY_J6g3XD/?utm_source=ig_web_copy_link

元ももクロ有安杏果さんが精神科医の児島直樹さんとの結婚理由としてはいくつか理由を上げているのですが、簡単にそれらの内容を箇条書きで紹介すると

  • カメラ好きという共通の趣味
  • 大切に思ってくれることが強く伝わってくる
  • 「愛されてるっていいな」と思える気持ちをもらった
  • あまり年の差を感じない
  • 幼い頃から年上の人と接する機会が多かったので抵抗感がなかった
  • 自分の独立とアプリコットの成立も何も関係ない(利害関係ゼロ)
  • 「彼」としてではなく「家族」でいたい
  • 結婚願望があった
  • 仕事面もサポートしてもらえる
  • プライベートでも仕事の相談ができるので安心
  • 仕事とプライベートのリズムが一番心地よく動く

などなどが挙げられますね。

両親の理解

ただもちろん上記のような要素もあるのですが、印象的だったのは有安杏果さんのご両親の反応エピソードでしたね。 ↓

―ご両親はどういう反応をされました?

有安:最初はもちろん、歳の差にもびっくりしてました。だけど、両親も関西出身で、彼も大阪出身だから、関西弁トークで盛り上がったりして(笑)。

印象的だったのは、両親と彼と私の4人で食事をしたときに、最後に父から手を差し出して彼と握手を交わしたんですよ。それが、もう、感動的で。うちの父はあんまり多くを語らない人なんですけど、ひとり娘だし、絶対に寂しさもあるだろうなとはわかっていて。でも、私がめっちゃ幸せそうだなっていうのを見て、感動したらしいんです。ちょいちょいおしぼりで目を拭ってるのを見て、私ももらい泣きしそうになりました。

引用:https://www.cinra.net/interview/

一人娘だからこそ、心配もあったことでしょうけれど、実際に会ってみて「大丈夫、娘の選択は間違っていない」とご両親も確認できたのでしょうね。

それがお父様からの握手という行動に現れているのではないでしょうか。精神科医の院長であるという社会的な立場もありますし、人格的にも経済的にも親としてはなんの不満もないと思えたのでしょう。

ファンや世間の反応

ではファンや世間の間ではこの結婚に対してどのような反応があるのでしょうか。

  • ももかご結婚本当に本当におめでとう!!!!!ももかが一人の女性としての幸せを手に入れたこと、本当に嬉しいしますます幸せになってほしいと思います😢💖お相手の方も素敵な方のようで、ももかのこと沢山考えてくれる方なら絶対大丈夫だね( ; ; )
    これから末永く素敵な家庭を築いていってください🥰改めておめでとう🥰💖
  • ご結婚おめでとう🎉有安さんが幸せになりますように😊
  • 杏果結婚おめでとう!🎉㊗️✨
    自分のことのように嬉しいです!😂😂💘💕
    杏果の決めた人やからすごくいい人やと思うし、絶対幸せになってください☺️💕
    人妻だなんて(*/▽\*)キャッ
    新たな人生楽しんでください!💖
  • あなたは素晴らしい決断をしました、愛は常に最も重要です、あなたが夫にとても幸せであることを願っています、私はあなたに人生で最高を願っています. I send you my best regards from colombia 🇨🇴
  • これからも歌と笑顔で幸せを届けてね😆🍀
  • ファイトです😊👍
  • びっくりした😳おめでとう!お幸せに!!👏💖💖

もちろん中には否定的なコメントもありましたが、総じて応援している暖かいメッセージも多く見受けられましたのでこうしたプラスの声に耳を傾けながら突き進んで言って欲しいですね。

まとめ

ということで今回は有安杏果と精神科医児島直樹はタブー婚!?洗脳でない馴れ初め結婚理由とはと題してお伝えしました。

色々誹謗中傷やきついバッシングなどもあるとは思いますが、自分たちで決めた道を迷わずに突き進んでいただきたいですね。

応援しています!

最後まで読んでくださり
ありがとうございました。