俳優・女優・声優

蒼井優×池松壮亮の共演映画やドラマまとめ【ビンタで鼻血シーンも!】

蒼井優さんと池松壮亮さんが過去から現在に到るこれまでに共演してきたドラマや映画をまとめてみました!

中にはビンタで鼻血を出したような壮絶な流血撮影シーンもあったそうですよ!

蒼井優×池松壮亮は関係が深い!

蒼井優×池松壮亮共演シーン

実は蒼井優さんと池松壮亮さんは共通点がいくつもあり、お互いその関係は何かと深いものがあると感じているようです。

  • 同じ福岡出身
  • 実家も近い
  • 3年ごとに1作品で共演する
  • 年は5才離れているがお互い大の仲良し

こんな感じで現在は息もぴったりの演技で素晴らしい作品を世に送り出しているということですね!

蒼井優×池松壮亮初共演ドラマ『うきは~少年たちの夏~』(2002年)

蒼井優×池松壮亮共演シーン

「うきは〜少年たちの夏」は池松壮亮さんがドラマ初出演を果たした作品です。

ドラマのストーリー

日本棚田百選に選ばれる美しい棚田をもつ福岡県浮羽町(現うきは市)。しかし町は過疎化が進んでいた。町の生き残りのために全校生徒44人の小さな小学校で衛星回線を使った博多の小学校との交流授業を始める。小学校に通う健作と亮太はそこでモニターに映った「前島うきは」という美しい少女に一目ぼれをする。ふたりは自分たちの住む町と同じ名前を持つ都会の少女に町のすばらしさを分かってもらうために、ひと夏、さまざまな体験を重ねる。

このドラマは福岡発の地域ドラマでNHK総合で放送されました。

なんとこの時池松壮亮さんは若干12歳。蒼井優さんの年齢は17歳です。

蒼井優さんがブレイクする直前ですね。

二人ともとってもフレッシュな感じで初々しい〜♡

蒼井優×池松壮亮初共演映画『鉄人28号』(2005年)

鉄人28号は2005年の作品で池松壮亮さんはこの時15歳ということになりますね。

映像を見ると15歳よりおぼこく見えますね。

この時、映画の製作が決定した段階で、一般募集を含めたオーディションが行われ、それぞれ1万人近い応募の中から池松壮亮(主人公)と蒼井優(ヒロイン)が選ばれました。

二人ともデビュー当時から演技の実力があったんですね。

共演回数が多いのも、「実力」のある俳優女優であるため必然なのかもしれませんね。

蒼井優×池松壮亮共演映画『斬、』(2018年)

蒼井優×池松壮亮共演シーン

こちらは有名監督塚本晋也監督が初めて挑んだ時代劇。

日本を代表する俳優、女優になって再び共演します。

この時、お互いの演技にシビれる瞬間がたくさんあったんだとか。

僕は遠くから見て、しびれてしまった。そういう瞬間が常々ありました」。蒼井は「今までも素敵な俳優さん、面白いなと思って見ていましたが、今回はベストアクトだと思います。もちろん、一緒に作ったというひいき目もあるかもしれないけれども、それを差し引いても、しびれましたね。特に、性欲に負けたところ、好きだったな・・」と話す。

引用:https://eiga.com/movie/89402/interview/

お互いものすごい成長しての再会、共演は得るものがたくさんあったようですね。

映画のストーリー

開国論争で揺れる江戸時代末期、江戸近郊の農村に身を寄せ、農家の少年に剣術を指導する若き浪人・杢之進(池松)が主人公。そこに剣豪・澤村(塚本晋也)が現れ、「京都の動乱に参戦しないか」と声をかける。やがて、流れ着いてきた無頼者(中村達也)たちが村にやって来て……。

 

蒼井優×池松壮亮共演作品『宮本から君へ』ドラマ版(2018年)

蒼井優×池松壮亮共演シーン
ドラマのあらすじ

大学を卒業して都内の文具メーカー・マルキタの営業マンになった宮本浩(池松壮亮)は、未熟で営業スマイルひとつできず、自分が社会で生きていく意味を思い悩んでいた。そんな宮本は通勤途中、代々木駅のホームで一目ぼれしたトヨサン自動車の受付嬢・甲田美沙子(華村あすか)に声をかけるタイミングを伺っていた。何度かチャンスはありながらもなかなか声をかけられずにいる宮本。同期の田島薫(柄本時生)にヤイヤイ言われながらも決死の思いで声をかけるが・・・。そこから始まる甲田との恋模様、仕事での数々の人間模様の中で、宮本は自分の生き方を必死に見つけていく。さらに物語は徐々に、社会の厳しさにもまれながら先輩の神保和夫(松山ケンイチ)や友人の中野靖子(蒼井優)らに助けられながら宮本がひとりの営業マンとして成長する様子を描くヒューマンストーリーとしても展開。新米サラリーマンのほろ苦く厳しい日常を描いた青春グラフィティー!

すぐ直前に映画『斬、』で共演している二人ですから、役作りには苦労したのではないかと心配もありましたが、逆にお互い打ち解けて撮影も非常に和やかに進んだんだとか。

蒼井優×池松壮亮共演作品『宮本から君へ』映画版(2019年)

蒼井優×池松壮亮共演シーンhttps://eiga.com/news/

映画の作品説明

文具メーカーの新人営業マンで、恋にも仕事にも不器用な宮本が成長していく姿を描き、その衝撃的な内容から“伝説の作品”と称されている。

2018年4月から原作前半を映像化したドラマ版が放送され、映画ではその後半部分をベースに、宮本と靖子の前に立ちはだかる「究極の愛の試練」を2人が克服していく姿を追う。

場面写真は、宮本と靖子が路上で抱きあうシーンや、酔っ払った宮本が、拓馬(一ノ瀬ワタル)に介抱され、靖子の部屋に向かう様子などを切り取っている。幸せそうな2人の姿から一変し、靖子をめぐって対峙する宮本と靖子の元恋人・裕二(井浦新)、裕二と靖子の意味深なシーン、闘争心むき出しの宮本など、ただならぬ空気が漂う場面もとらえており、感情を爆発させたような役者陣の熱演が伝わってくる。

この映画は2019年9月27日から全国で放映が開始されましたが、早くもものすごい反響です。

特に主人公の池松壮亮さんの迫真の演技に注目が集まっています。

そして蒼井優さんもより「攻め」の領域に足を踏み入れている演技が多く、「斬、」で昨年共演したときとはまた全く違う見え方がするそうです!

さすが日本を代表する俳優女優ですね。マンネリ化という文字は二人にはありませんね。

ビンタで鼻血シーン?!

蒼井優×池松壮亮共演シーン

撮影中のハプニングで、蒼井優さん(靖子)が池松壮亮さん(宮本)をビンタするシーンがあるのですが、なんと1発目のそのシーンで、池松壮亮さんが鼻血を出したというエピソードも。。

蒼井優さんかなり迫真ですね・・。(汗

聞くところによると、家の柱を叩いてビンタの練習をしていたんだとか・・。

蒼井は「必死に池松くんをビンタして、カットがかかってから、ぱっと彼の顔を見たら、ポタポタと血が落ちていました。けっこうな鼻血で(苦笑)。その時は本当に申し訳ないと思い『ごめんなさい』と言ったけど、本当に池松くんで良かったなと思いました」と申し訳なさそうに語ると、池松は「全然大丈夫です」と屈託ない笑顔を見せる。

引用:https://movie.walkerplus.com/

まとめ

蒼井優×池松壮亮共演シーン

ということで今回は、蒼井優さんと池松壮亮さんの歴代共演作品をまとめてみました!

お互い10代前半のころから共演経験があり地元も実家も近くて共通点の多いお二人なので息がぴったりなんですね!

日本を代表する実力派俳優、女優として今後さらに活躍が期待されますし、また別の作品で共演する可能性も大いにありますのでその時がまた楽しみでもあります。

頑張ってください!応援しています!